読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BORN TO RUNから学んだこと

「BORN TO RUN」をバイブルに日々ランニングしている者のつぶやき。一応サブスリーランナー。

ライトレーサーRSのレビュー(続編)

今月からアシックスのライトレーサーRSワイドを、 トレーニング用として履いている。 ちょうど200キロオーバーの距離を走ったので、 そのレビューをご紹介。 まあ、率直なところ、 この値段にしては結構頑張って作ってるなって感じ。 定価は1万くらいだったような。 ターサーシリーズと比べると4000円くらいの値段。 もともとが中学、高校用のモデルだったり。 しかーし、よくも悪くも学生向けって感じもする。 とにかく作りこみがボテッとしていて、 走ってもそのとおり。 ターサーゲイルのようなキレのある走りはコイツではちょっと無理。 おそらく、キロ5分くらいを想定して作っているシューズかと。 キロ5分を超えるようなペースだと、 明らかにパワーロスが大きくなって空回りしてるような気すらもする。 そう、軽自動車で高速道路をがんばって走ってるようなイメージですな。 ま、この辺は想定内なのでヨシとして、 肝心の耐久性。 アッパー部分はとっても強固。 ほんと破れてくるような感じはまったくなし。 しかし、ソール部分は意外とやわかも・・・。 というよりも、ゴム底なので、 多少はすり減っても違和感は無いんだけど、 素材が柔らかすぎるのか、やはり減り方はそれほど期待していたほどよくない。 もうちょっと硬めでもいいんじゃないってくらい。 まあ、ターサーならアウトソールが一枚はげたくらいは、 十分にすり減ってるような気がする・・・。 自分はフォアフットで走り、 着地は基本的に前足部の外側から。 とにかくソールに関してはここがすり減ってくる。 踵についてるような補強材をこっちにもつけたいくらいですな。 あとは気になる走った感覚。 フラットソールなので、とにかく屈曲性に優れる。 ショックは吸収してくれるんだけど、反発力ってのにはほとんど期待できない。 なので、ストライドで走る人には完全に不向き。 とにかくピッチを刻んで走るようにしないと前に進まない。 たぶん、ナイキフリーとかと同じような感覚かと・・・。 トレーニングだと割切って使うならいいけど、 こいつで本番のレースを走っても、タイムは期待できないだろうなぁ。 正直なところ、やっぱターサー買っときゃあよかったと・・・。