BORN TO RUNから学んだこと

「BORN TO RUN」をバイブルに日々ランニングしている者のつぶやき。一応サブスリーランナー。

お腹をへこませて走る!

東京マラソン以降、すっかりバーンアウトした感がありますが、

それでもこつこつと最低月間200キロを目標に走っております。

 

で、4月も半分が終わって、

月間走行距離は130キロ。

いい感じのペースで走っております。

 

それと、距離よりもある程度のペースを意識して。

できれば、キロ5分を目安に走っております。

正直、一番楽なペースはキロ5分30秒から45秒くらいなんだけど、

これよりもちょい追い込んで。

 

そんなときは、ピッチアップではなくて、

気持ちストライドを伸ばすようなイメージで。

昨シーズンはひたすらピッチアップを意識していたけど、

これだとやはりトップスピードが頭打ちに。

今年はちょっとストライドを伸ばすことを意識して。

 

ただ、ストライドを伸ばすとフォームが崩れやすい。

特にオーバーストライドになりがちなので、その注意が必要なので。

 

で、ここ最近意識しているとことは、

胸を張って、お腹をへこませて走ること。

ちょうど、ウエストを絞るようなイメージ。

こうすることで、体軸が安定し、さらにオーバーストライドの原因にもなる、

腰の遅れが予防できる。

あとは、膝をあまり曲げずに足を伸ばし切って踏みけるイメージで。

これによって、腰高なポジションをキープして、

楽にスピードアップが図れるような気が。

 

実は東京マラソンのときに、前を颯爽と走るストライド系のランナーがいて、

その人の走り方がこんな感じ。

つま先でぴょんぴょん跳ねてるだけみたいな感じだけどめっちゃ早い。

そして、そのオレンジのランシャツには「OregonPROJECT」の文字が。

そう、おそらくNikeの中の人なのかもしれないな~。

東京マラソン完走なり

2019年3月3日、東京マラソン、無事完走なり。

って、完走率94%って、リタイヤしちゃう人なんてごくわずかなんですね~。

12倍を超える倍率。

そりゃ走るからには走りきるだけの気合いが入りますよね。

ナハマラソンやおきなわマラソンのイメージからすると、

やはりこっちの東京マラソン、とにかく意識が高いランナーばかり。

 

自分は3時間2分ちょいでゴール。

沖縄のマラソン大会なら100位以内ってところでしょうが、

こっちでは1700位くらい。

ほんと、速いランナーばっかりでびっくりしました・・・。

まさに井の中の蛙、大海を知らずってね。

 

レースのほうはもともと平坦、フラットなコースということもあり、

かなりのハイペース。

キロ4分を切るくらいな自分にとっては未体験ペースになっていたり。

それも、レース前半は微妙な下りが続き、

それにまかせて皆さんオーバーペースとも思えるようなスピードに。

 

この足があったまっても無い状態、

いや、むしろスタート前に冷え切った筋肉にこのペースは、ほんと危険。

で、やはり35キロ過ぎくらいで足が悲鳴を・・・。

後半のスパートどころか、とにかく減速しないようにするだけで手いっぱい。

サブスリーのペーサーに置いて行かれたときに、

心が折れなかったのがせめてもの救いだったかも。

 

ただ、前半をしっかり抑えて走ったとしても、

後半、体が冷え切った状態でさらにペースを上げられたかと言われれば、

それはもっと無理だったかも。

そもそも、エナジージェルの飲み口が、

手がかじかんでカットできないくらいなレベルだし・・・。

 

これで、今シーズンのマラソン大会はすべて終了。

そしてまた来シーズンへ向けての鍛錬期がスタート。

毎年思うけど、トップスピードをもっと上げないと、

余裕をもってのサブスリーって話はないだろうな~。

 

あと・・・、ちょい気になったのは厚底シューズ。

スタート前整列のときから気になってたけど、

おきなわマラソンのときは圧倒的にアシックス・ターサージールだったけど、

今回は圧倒的にナイキ・VF4%ってやつ。

もしかして、これだったらサブスリーできたのか!?なーんて思ってしまったり。

さっぱり耐久性が無いとのことらしいけど、

他の皆さんは練習シューズからいきなりこの厚底でレースに出てるんですかね~。

カーボアウト終わりました~。

さて、おきなわマラソンが終わったと思ったら、

今週末はもう東京マラソン

2週明けのまたもやカーボローディング。

ほんと寿命が縮む思いでカーボローディングしてますな。

 

で、カーボローディングについては、

知ってのとおり、炭水化物を普段より多めに摂って、

体内にグリコーゲンを蓄えるというコンディショニング法。

大抵は1週間くらいで、週の前半は高たんぱく重視、

後半は本格的な高炭水化物という食事に。

 

で、週の前半が終わり、いよいよカーボイン。

その前にカーボアウト後の体重は57.8キロ。

平常時が59キロなので、1.2キロ減。

個人差はあるだろうけど、

自分の場合はカーボンインすると太りすぎるということあるので、

カーボアウト期間はダイエット期間になっていたり。

 

そう、カーボローディングもうっかりすると衝撃的な体重増に。

グリコーゲン充填どころか、脂肪まで一緒に蓄えて、

ただのデブにならないように注意が必要だ。

 

しかも、この時期になると運動量がグッと減るので、

普通にいつも通りに食べて、飲んでするだけでも体重は増えてくる。

なので、このカーボアウト期間にどこまで絞れるか・・・。

これがカーボローディングの成功か失敗に大きくかかわってくるんですよね~。

 

あとは、カーボローディング中の注意点は甘いもの・・・。

当然砂糖も炭水化物なのでカーボなんですが、

こいつは吸収が早すぎて、肝臓でしか吸収されなくて、

筋肉に直接、蓄えることができない。

ちなみに、グリコーゲン貯蔵は肝臓:筋肉で1:5くらい。

なので、肝臓のグリコーゲンはすぐにいっぱいになってしまうので、

できれば、直接的に筋肉に貯蔵できるデンプン質の糖質をメインに摂るのがポイント。

 

そう、カーボローディングといっても、

ケーキとかチョコとか甘いものばっかり食べていいというわけではない。

あ、これらにはプラス脂肪も多く含まれているので、

あっという間に一日のカロリーオーバーということに。

 

ん~、なんだかんだとカーボローディング。

凝りだすとほんと面倒臭いのでほどほどにしないと・・・、とは思ってますが。