BORN TO RUNから学んだこと

「BORN TO RUN」をバイブルに日々ランニングしている者のつぶやき。一応サブスリーランナー。

ナイキエアズームペガサス36を注文しました!

ここ数年、ずーっとアシックスターサージールを愛用しているのですが、

なんとこのモデルが販売終了。

一応、後継機ともいえるターサーエッジはあるんだけど、

完全にコンセプトが変わってしまった感じ。

 

もともと、ターサージールはサブスリーを狙うシューズ。

ターサーエッジは3時間台を狙うシューズ。

そもそも開発のスタート地点が違うのだ・・・。

 

となると、次はアシックス以外も考慮にいれてってことに。

まあ今まではシューズを選ぶのが面倒だったので、

馴染みの美容室で「いつもの」というようにターサージールを履いていたんだけど。

このシューズのいいところは、

とにかく軽い、そしてそこそこ安い。

大きな欠点は、耐久性がかなり無い・・・。

あっという間にソールがズルズルになっちゃうのだ。

 

で、次なるシューズ。

アシックス派ではあったけど、前回のおきなわマラソンでナイキの厚底に浮気。

その実力に驚かされたものだ。

となると、トレーニング用のシューズもナイキの恩恵にあやかろうと。

かの大迫選手も愛用しているナイキエアズーム36。

なんとこれに超幅広、4Eがラインナップしているのだ。

 

もうこれしかない!ってね。

 

で、早速、Amazonでポチっと。

6,999円(税込み)。

お値段的にはど真ん中!

 

あとは来週、ニューシューズが届くのを待つばかりですな。

あのナイキの厚底のよーに、転がるように前に進む感覚が味わえるそうで、

かなり期待感たっぷりですな。

膝を伸ばしきる重要性

気が付けばもう6月。

自粛生活してると、あっという間に時間が過ぎちゃいますな。

 

で、5月。

ガツガツと毎日10キロラン。

故障することもなく、なかなかいいペースで走れております。

10キロ50分切り。

そして、月間トータルは322キロ。

5月でこんなに走ったのは初めてかもね~。

 

例年だと本業のダイビングのほうが忙しくなってくる時期で、

ゴールデンウィークに超早起きの粟国遠征が始まったりと、

なかなか走れないときが多い。

まあ、いいのか悪いのかだけど、

コロナのお陰でいっぱい走れてますが・・・。

 

で、ここ最近気をつけていること。

踏みけったあとは膝をしっかり伸ばしきる。

地面をまっすぐ後ろに押すイメージ。

これで、しっかりと前傾をキープできて、

それほど無理なくペースアップできるような気がします。

 

あとは、よく言われている腰高ポジションで走ること。

この膝をしっかり伸ばすってのが、有効に働いてると思います。

脚を長く使って、効率よく走るのがいいんですよね。

 

さらに、着地ではなく、踏みけりに意識が向くのもいいのかも。

着地を意識すると、どうしてもブレーキ要素が強い動きになるけど、

踏みけりを意識することで、ブレーキロスの少ない動きになるのかも。

1人ハーフマラソン!

今日は気合を入れて、21.1キロ、

1人ハーフマラソンしてきましたよ。

ここ最近、コロナヒキコモリンでやはり体重増。

これを一気に解消すべく、気合を入れてのロング走。

 

日中はランナーがわらわら増えてるので、

ちょい早起きしての早朝ラン。

なるべく人がいないであろうコースをチョイスして。

 

一つ思ったのは、

ある程度、歩道の広い道であれば、

一番コロナ的にヤバいとされる縦列になることが少ないので、まだ安心かと・・・。

気持ちよく瀬長島を一周するコースのハーフマラソン

久々にのんびりペースで気持ちよく走れましたね~。

 

 

コロナ感染を考えると、ランナーもマスクをつけろって声がありますが、

正直、ガチに走るランナーからすれば、これがかなりキツイ。

5キロくらいまではマスク着用でもなんとかなるけど、

それを過ぎてからは呼気による蒸れと汗でマスクはぐっしょり。

こうなってしまうと、もはや呼吸抵抗というレベルではなく、

もはや呼吸困難に・・・。

 

何かレーヨンみたいな生地でマスクを作るのがいいのかも。

ただ・・・、本当は感染予防という意味合いでいえば、

ほとんど効果なかったりするんですけどね~。