読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BORN TO RUNから学んだこと

「BORN TO RUN」をバイブルに日々ランニングしている者のつぶやき。一応サブスリーランナー。

街路を走るか、公園をグルグル回るか・・・。

ランニングの練習をする際に長い距離を一周するのか?、

それとも短い距離をグルグル回るのか?

どっちのほうか気分的に楽なのかってのを比較してみようかと・・・。

 

ちなみに2月は月間450キロを走っております。

これって一般ランナーにとっては、相当な距離かと思いますが。

 

で、長い距離を一周のほうだけど、

たいていは自宅からスタートして、走りやすい道をグルっと一周するような感じ。

これだと、基本街路を走るので、信号や、上り、下りなども入る。

さらには、走りにくい歩道や、凹凸なども・・・。

これによって、練習強度を上げることができるかも。

あとは、グルッと一周なので、とにかく前に進まないと戻れない。

ちょっと心が折れそうなときでも、走る原動力になるかも。

 

これに対して、公園など短い走りやすいところをグルグル走る場合は、

信号などで立ち止まることがないので、効率的に距離を走ることができる。

これに加えて、足元が安定しているので、不意な転倒による怪我なども少ない。

それと、気分的に、あともう一周、さらにもう一周という感じに、

その日の自分の体調に合わせて、走る距離を容易に変えることができる。

 

まあ、どちらも一長一短があるかもしれないけど、

どちらの方法もミックスして練習するのがいいのかもね~。

 

ちなみに自分、絶対、グルッと大回りに一周だと思ってたけど、

公園内をグルグル回るのも、

やってみると意外といいかな~って思うようになって、

この記事を書いた次第でありますが・・・。