読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BORN TO RUNから学んだこと

「BORN TO RUN」をバイブルに日々ランニングしている者のつぶやき。一応サブスリーランナー。

ランニングマシンの上を走るよーに!

ここ最近、走ってるときのイメージは、 地面と一緒に体を移動してる感じ。 ??? どーゆーことって? 走るときって、地面を踏み蹴るか押し出して、 体を前進させていると思う。 それを、足から前に動かすというよりも、 ちょうどランニングマシンの上で走っているようなイメージで、 足はそのスピードについていかせるという感じで動かす。 これで何が変わるのかっていうと、 着地の際に足がきっちり体の真下にくるという点。 体よりも足が前ならブレーキ要素の高いオーバーストライドということになる。 ただ、この走り方だと、 体の真下で着地、踏みけりができるので、 よりパワーロスの少ない走りが可能になるかと・・・。 実際、これをイメージする、しないで、 軽く流したときのペースにして、4分45秒くらいが、 4分30秒まで上げることができる。 そう、まったく同じような着地、踏みけりで・・・。 そういや、Borntorunの中でタラウマラ族が 「地とともに走る」 って表現が出てきたけど、これが、まさにそれに当たるのかもしれない。 まあ、ようは重心移動がきっちりできないと、 足をどう動かしても上手くは走れないんだよなぁ。