読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BORN TO RUNから学んだこと

「BORN TO RUN」をバイブルに日々ランニングしている者のつぶやき。一応サブスリーランナー。

体の真下で着地することの大切さ

走ってるとき、 しっかり体の真下で着地できてますか? ふと思ったことだけど、 実はこれって走る基本中の基本だったり。 いろんなマラソンランナーのコーチが、 諸説様々なフォームを提唱してるけど、 この一点だけは必ず共通しています。 着地については、足裏のどこでするとか、 膝は曲げるのか、伸ばすのかとか、いろいろとあったりするけど、 結局はこの一点につきるのかもしれない。 真下で着地することにより、 一番効率良く体全体を使って衝撃を吸収でき、 なおかつその反発力を活かして、 体を前に進ませることができるのだ。 走るときは左右のバランスに加え、 前後のバランスってのは非常に重要。 重心の軸をしっかり地面と垂直に維持すること。 当然ながら走るスピード、路面などによって、 この前後のバランスってのは崩れてしまう。 そのときに、絶えずこの体の真下で着地と意識することが とても大切なのかもしれない。 漠然と距離を走っていても、 この前後のバランスってのはなかなか身に付かないのだ。 ある程度、アップダウンのあるコースであれば、 短い距離であっても、この感覚は磨きやすいのかもなぁ。