読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BORN TO RUNから学んだこと

「BORN TO RUN」をバイブルに日々ランニングしている者のつぶやき。一応サブスリーランナー。

下り坂は中途半端にブレーキしない!

ランニングフォーム
最近はめっきり坂道ダッシュが日課になっております。 その中で以前から苦手としていた下り坂。 ちょっとコツがわかってきたような気がする。 ポイントはタイトルにもあるように、 「中途半端にブレーキしない!」 ブレーキをかけようとすると、 足首、膝にかえって負担がかかるような気がする。 逆に、ブレーキ要素を減らすようにして走ると、 スムーズに足が前に出る。 着地はそーっといくよりも、 むしろバシッと足裏全体で決めたほうがよかったり。 そのときに、太ももの筋肉で衝撃を抑えるようにすると、 しっかり腰も前に出てくる。 そう、この腰をしっかり前ってのが大事なのだ。 腰が遅れると、足ばかりが先行して、 結局ブレーキ要素がかかってしまうし、 体の真下で着地ってのができなくなる。 そう、下り坂は速く走ろうとしないと、 しっかり走ることができないような気がする。