読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BORN TO RUNから学んだこと

「BORN TO RUN」をバイブルに日々ランニングしている者のつぶやき。一応サブスリーランナー。

呼吸について

ランニングフォーム
ランニング中にしっかり呼吸することは大切だ。 BornToRunの中でも、 動物の呼吸について詳しく研究してあるページがあるほどだ。 これによると、人間は二足歩行を始めたメリットとして、通常の動物よりもより効率的に呼吸することができるそうな。 なので、普段何気なくしている呼吸。 実はこれがかなり重要だったりする。 一般的に走っているときの呼吸としては、 下記のパターンがある。 1.吸って吐いて吸って吐いて 2.吸って吸って吐いて吐いて 3.吸って吸って吐いて〜 意外と呼吸のリズムが、走るピッチにも影響する。 ちょっと早すぎなんじゃない?ってくらいでもいいような気がする。 普段は3の呼吸で吐いて〜のときに、 しっかりお腹の底から吐くようにしている。 登り坂などは2のパターンで。 呼吸のリズムを早めることで、 ピッチもあがるようにする。 登り坂でストライドが短くなる分、 ピッチをあげてペースを維持するようにする。 そして、ラストスパートなどいっぱいいっぱいのときには、1の呼吸で。 とにかく肺に新鮮な空気を取り込むようにする。 いつも一定の呼吸でってわけにはいかない。 走るペース、自分の体、路面にあわせて、 呼吸を切り替えれる能力ってのが大切なのかもしれないよなぁ。