読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BORN TO RUNから学んだこと

「BORN TO RUN」をバイブルに日々ランニングしている者のつぶやき。一応サブスリーランナー。

おきなわマラソン、2時間58分43秒でフィニッシュ!

やりました!!!

念願のサブスリー達成です。

 

タイムのほうはガンタイムが2時間59分1秒。

ネットタイムは2時間58分43秒。

あ、ガンのほうはヨーイドンの一斉の時間で、

ネットのほうは、実際に自分がスタートラインをくぐったときがスタート。

 

思えば2011年にギリギリ、ネットタイムで2時間59分58秒という、

まさに神業のようなサブスリーから足掛け5年。

ようやく、サブスリーランナーとして返り咲くことができましたよ。

 

しかも、レースの内容は文句なしともいっていいくらいのネガティブスプリット。

あ、ネガティブスプリットというのは、

前半よりも、後半のほうがタイムが上がるという追い込み型の走りのこと。

 

ちなみにラップと順位はこんな感じ。

スタート 00:18  417位
5km地点 22:10  160位
10km地点 42:52  140位
15km地点 1:04:17  116位
20km地点 1:24:47  101位
中間地点 1:29:28  98位
25km地点 1:45:51  89位
30km地点 2:07:43  79位
35km地点 2:28:51  71位
40km地点 2:50:09  60位
フィニッシュ 2:59:01  59位

 

スタートからゴールまで、全く誰にも抜かれなかったような気がします。

最後までごぼう抜きってのはほんと気持ちいいものだったり。

 

けど、かつての自分だったら、

30キロ過ぎ、35キロ過ぎ、38キロ過ぎで足が止まっていたのに、

今回は全く不調もなく走り切ることができましたね。

 

これもやはり普段練習での走り込みでの走行距離。

実は10月以来2月までに2000キロ近い距離を走り込んでおります。

月平均すると400キロオーバー。

基本的に朝7キロ、夜7~10キロの2回ラン。

休息日は無しで、よほどのことが無い限りは2回走る。

ただ、25キロを超えるようなロング走は全くしておりません。

 

こう思うと、長い距離を一気に走る練習をしなくても、

ちょこちょこ距離を稼いで、総走行距離を伸ばせば結果はついてくるのかもしれません。

 

ちなみにインターバルやペース走も全く練習していない。

普段のキロ5分くらいのちょこちょこ走りのみしかやってないけど、

本番ではキロ4分15秒のサブスリーペースで42.195キロを走り切れるってのは、なんだか不思議な感じもします。

 

そう、あれこれ考えるよりも、

とにかく距離を踏むことが一番の練習なのかもしれませんな。