読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BORN TO RUNから学んだこと

「BORN TO RUN」をバイブルに日々ランニングしている者のつぶやき。一応サブスリーランナー。

毎日走るというモチベーションと持ち続ける術

精神論

何気に4月くらいから、ほぼ毎日、

1日7キロというペースで走っております。

これで、月間200キロ。

7キロ35分くらいで走るんですが、このぐらいだと毎朝でもそれほど憂鬱にはならない。

 

多少疲れていても、多少パラパラと雨が降っていても、

そう、35分なら我慢できるって。

いや、まあ我慢のために走っているわけではないけど、

やはり誰でもこの走り始めるモチベーションを高めるのが難しい。

けど、走り終えたときの爽快感はなんともいえない。

もう、朝から1日の半分の仕事をやっつけちゃった気分ですね。

 

ここで、10キロ50分とかにしちゃうと途端にハードルが高くなるし、

朝、だらだらしてると走る時間が無くなっちゃうこともある。

そう、この7キロという距離、そして時間がちょうどいいのだ。

 

なんとなく、なかなかランニングが続かないという方。

思いきって、走る距離を短くして、毎日走るという目標に切り替えてはいかがですか~。

 

けど、こんな短い距離をちょこちょこ走って、トレーニング効果があるのかって話もある。

それ以上に、休息も無しで毎日走って故障しないのかって話も。

ただ、ちょこちょこ走りについては、昨年のおきなわマラソンでその効果は立証済みだ。長い距離を走る練習も確かに効果は高いけど、それに伴う故障などのリスクも高くなる。超回復なんて言葉もあったりするけど、結局、マラソンで必要なのは筋力もさることながら、それ以上に関節、腱の耐久性の強化が求められる。

そう思うと、とにかく距離を踏むのが一番効果的なのだ。

あとは毎日走るので、無理に長い距離を走らなくてもいいので、

故障してしまうということも、かえって少なくなったりすると思います。

 

どーも練習が続かないって方は、このちょこちょこ走りをおすすめしますよ~。