読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BORN TO RUNから学んだこと

「BORN TO RUN」をバイブルに日々ランニングしている者のつぶやき。一応サブスリーランナー。

ランニングシューズってどこまで使えるのか・・・。

自分の愛機、ターサージール。

もはや第3世代までバージョンアップしてるけど、

サブスリーギリギリくらいのランナーにはこれ以上のシューズは無いかも。

 

かつては、ターサーゲイルだったけど、

かなりそこがすり減っちゃうまで使っております。

アウトソールが擦り切れて、

もうインソールが出ちゃうかな~ってくらいまで・・・。

もともと軽量が売りのシューズで、

耐久性ということを念頭に全く作られていないこともあるけど・・・。

 

正直なところ、この状態であっても、

トレーニングレベルのスピードで走るには十分だったり。

そう、靴底なんてあったほうがいい!くらいにしか感じませんな。

 

けど、やっぱ気になるのは着地の際の傾き。

自分の場合、オーソドックスにかかと部分かすり減っていくのではなく、

前足部外側からすり減っていく。

基本フォアフット走行なので、最初に着地する部分から

ただひたすらにすり減っていくのだ。

 

残念ながらアシックスの開発者。

このかかと部分はすり減りを考慮して強化してるけど、

この前足部外側ってのはまったく気にかけていないようだ・・・。

 

まだまだ履けるのに、このソールの問題で買い替えるはめに。

いっそのこと、アシックスさんで、

ソール張替サービスとか、シューズ交換サービスとかやってくれたらな~。

きっと、今後のシューズ開発にも大きなアドバンテージとなるだろうに・・・。