読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BORN TO RUNから学んだこと

「BORN TO RUN」をバイブルに日々ランニングしている者のつぶやき。一応サブスリーランナー。

ネガティブスプリットを刻め!

おきなわマラソン、無事完走なり。

ただ、サブスリーは無念のギリギリアウトって。
3時間30秒なり。
ん~、あと31秒、されど31秒ですな。

けど、最高気温22度まで上がり、
かなり暑いレースだった割には、健闘したかと。
そして、レースの内容もまずまずの結果かと。
前半の遅れが無ければ、サブスリーもいけてたな~。

1 5KM 21:32 4'18"/KM
2 10KM 21:30 4'18"/KM
3 15KM 21:29 4'17"/KM
4 20KM 20:38 4'07"/KM
5 25KM 21:05 4'12"/KM
6 30KM 21:19 4'15"/KM
7 35KM 21:24 4'16"/KM
8 40KM 21:15 4'15"/KM
9 LAST 10:18 4'09"/KM

まさに理想的なネガティブスプリット。
実質、前半と後半を比べると、
イーブンペースでも確実に運動負荷は上がっているともいえる。
しかも、コースが前半はフラットで、
後半は完全な上りなので、かなり負荷を上げたともいえる。

フルマラソンを走るうえで重要なのって、
ちゃんと最後まで走り切れること。
いかに前半が速いペースで走ったとしても、
後半べっこり落ちれば、それはもうタイムを残すことはできない。

こう考えると、身の程をわきまえて、
前半はとにかく押さえて、押さえて、走って、
ハーフ以降は全力で走るってのがベターかと。

ただ・・・、力を出し切れないときが悲しい。
ひょっとすると、今回のレースも余力は残っていたかもしれない。
または、そうではないかもしれない。

けど、事実走りきれたってことは、
レースとしては合格点だといえるかもしれない。