読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BORN TO RUNから学んだこと

「BORN TO RUN」をバイブルに日々ランニングしている者のつぶやき。一応サブスリーランナー。

フォアフットの基本は前後の重心だ!

すっかり空いてしまったが、走っております。

 

昨年12月は月間500キロ、そして今月も月間500キロ行けそうな感じ。

11月までは月間200キロで、急に練習量を倍にあげたので、

やはりそれなりに脚のほうも悲鳴を上げております。

 

ただ、故障気味になって思うことは、

いつも以上にフォームに気を使わないとさらに故障が悪化。

というよりも、痛みとなって表れるので、

集中して走る必要があるので、フォーム矯正にはちょうどいいかも。

 

大概、故障するときの走りはオーバーストライドになっている。

体の重心が前に出ないで、脚だけが先行している感じ。

ちょうど前輪駆動車のようなイメージになるわけだが、

こうなると着地の衝撃がもろに脚に響くので故障につながる。

 

そうではなくて、あくまで体が前、脚は後ろから押すような感じ。

これだと、着地の負担ってのはほぼ皆無。

慣性にまかせて脚はただリズムに乗って、ステップを踏むだけという感じ。

 

実はこれがフォアフッ走法の真骨頂だったり。

BORN TO RUNの中にもあった、

「楽に、軽く、スムーズに、速く」ってやつですな~。