読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BORN TO RUNから学んだこと

「BORN TO RUN」をバイブルに日々ランニングしている者のつぶやき。一応サブスリーランナー。

塩分補給について再度考える

レース前のこの時期。 考えることは、やはりレース中の補給計画。 まあ、いつも通りといってはそこまでだけど、 前回のナハマラソンでイマイチだったのが塩分補給。 そもそもフルマラソン中って、 どのくらいの塩分が汗とともに奪われていくのか・・・。 いろいろとネットで情報を集めてみると、 まず汗は1時間に1L程度かくらしい。 そしてその1Lの中には2〜3g程度の塩分が含まれているそうな。 となると、サブスリーで走るなら、 3時間×約2.5g=7.5gってことになる。 あ、でもスポーツドリンクとかもレース中に摂取してるから、 大丈夫じゃね〜って思えるかもしれないけど、 スポーツドリンク中100mLの中に0.12g。 だったら、1Lだったら1.2g。 これだったら、半分くらいはカバーしてんじゃんって話にはなるけど、 実際レース中のエイドにあるスポーツドリンクなんて、 通常よりも5倍以上に薄まってると思っても過言ではない。 となると、たった0.24gしか摂れないことになる。 やっぱ、塩分補給は本気で考えないとダメみたい。 ちなみに梅干し一個(減塩)だと0.8g。 1時間に3個、3時間で9個。 ただし、生ものを持って走るのはちょっと厳しい。 よく沖縄のマラソン大会で配ってるスッパイマン。 種ありだと、1個あたり0.4g。 1時間に7個、3時間で21個!? ちょこちょこ食べるくらいじゃあ、完全に無理だな。 ということで、やっぱ塩分は 直接「塩」を摂取するのが手っ取り早いということに・・・。 なんとなく、うちにあったシークァーサー塩。 クエン酸も一緒に摂れるよーな気が。 プチって袋に入れて、これで2g。 むむ、結構多いな。 しかも、シークァーサーなだけに、2gのうちの何%かは、 塩分以外になってることも考えられる。 が、しかし、とりあえず3袋だけ作成。 20キロ、30キロ、35キロで摂取予定。 あとは、エイドに干し梅などがあればゲットするか・・・。 まあ、塩分補給。 いろいろとサプリを持っていくことになるかと思うけど、 意外な盲点だったりするんだよなぁ。 そして、塩そのものを持ってくのが、 一番安価でかつ、効果が高いと思われる。