読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BORN TO RUNから学んだこと

「BORN TO RUN」をバイブルに日々ランニングしている者のつぶやき。一応サブスリーランナー。

フルマラソン前はアルコールを控えるべきか・・・。

栄養論? ちょっと違うような気もするけど、 お酒好きなランナーなら、誰しもが思うこと。 フルマラソンのレースが日曜日だったら、 何日くらい前から禁酒するのか・・・。 まず、そもそもアルコールがなぜマラソンによくないのか。 これについてちょっと調べてみよう。 一つは脱水症状になること。 アルコールを分解する際に、必ず水が必要になる。 そう、二日酔いの朝にノドがカラカラになるのはこのことだ。 ということで、レースに2日前くらいから アルコールは控えたほうがいいらしい。 ちなみに、アルコールの分解については、最長で48時間かかるらしい。 という理由から2日前という数字が出ているともいえる。 もう一つ、これは肝臓に負担をかけること。 アルコールを分解する際に、肝臓がフル稼働する。 肝臓はカーボローディングの際にグリコーゲンを蓄える場所でもある。 となると、カーボローディングをスタートする3日前には、 アルコールは飲まないほうがいいということになる。 ということから、まあ、3日前から禁酒が正解だろうな。 どうしても、レース1週間前くらいから運動量も減らし、 体力の回復・温存に努めるわけだけど、 それがかえって、走れないというストレスの要因になったりもする。 ましてや、夜ラン派のランナーはやることがなくなってしまったり。 そんなときに、軽く一杯ぐらいは、 レース3日前までならいいかもしれない。 緊張を解きほぐすという意味でも、悪くはないかもしれないよなぁ。