読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BORN TO RUNから学んだこと

「BORN TO RUN」をバイブルに日々ランニングしている者のつぶやき。一応サブスリーランナー。

ロング走により鍛えられるもの

先日、久しぶりにハーフマラソンのロング走をしてきました。 ここ最近はせいぜい6キロぐらい。 ただ、坂道ダッシュしてるので、 平地なら10キロくらいの運動量はあるだろうと・・・。 けど、やはり距離に対する不安感はぬぐえないもの。 とゆーことで、 ダイビングのほうもオフってことで、 早起きして気合を入れてロング走。 ペースは4分45秒。 まあ、片手にペットボトルを持ちながら、 割とダラダラと走った割には上出来な結果かと。 ふと思ったけど、ロング走を走る意味。 筋力の向上ならそこまで走る必要も無い。 心肺能力といっても、 正直、息が上がって走れなくなるってことは、 フルマラソンのときでも、そんなことはなかったりする。 そもそもが体を鍛えるためにロング走を走るんじゃないような気がする。 となると、何故? 市民ランナーレベルでたまーにロング走をする一番の意味は、 やはり長時間走り続けるという自信を持つことかと。 そして走り続けるという集中力を養うこと。 まあ、精神的なものが大きいんだろうなぁ。 あ、勿論プロレベルで、 日常的にロング走ぐらいの距離を走れるなら、 そりゃ筋力アップ、心肺機能アップになるんだろうけどねぇ。