読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BORN TO RUNから学んだこと

「BORN TO RUN」をバイブルに日々ランニングしている者のつぶやき。一応サブスリーランナー。

お気に入りのシューズは2足買うべきか・・・。

先日、新しく買ったターサーゲイル3。 ついにデビューしました。 以前の沖縄マラソンでも履いた同じモデルが もうソールが限界ってことで、その代替えとして。 よく練習用シューズとレース用シューズで分けて履いてる人がいる。 練習用はある程度の耐久性も考えて、それなりに丈夫なやつ、 レース用は薄底でとにかく軽いやつ。 ただ、練習用といって買うシューズ。 こやつが実はかなりイマイチだったり。 当然ながらそれなりに安価なモデルってことになるけど、 本気で走るってことを考えていないのだ。 なぜかソールは厚底になり、 妙な補強も多く、重量も重くなってる。 これでは、レース用シューズと同じ感覚で走れなくなるのは間違いない。 そして、本番、いざレース用シューズを履くと、 あまりの性能の違いにオーバースピードになって、 脚部の関節が持たなくなるって話も多い。 ということで、結局、練習用もレース用も全く同じモデルってのが、 結論としてはベストってことになるのだ。 自分は以前からこの方法でシューズを購入してる。 ただし、今回のターサーゲイルに関しては、 もう一足、今、買っとくべきかどうか迷いどころ。 直近のレースでも12月のナハマラソン。 あと半年近くあるわけだけど、 それでも使わないようなシューズを買っとくかどうか・・・。 けど、以前、愛用していたナイキについては、 お気に入りのモデルに限って、 短いスパンで廃版になったり、モデルチェンジしちゃうんだよなぁ。