読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BORN TO RUNから学んだこと

「BORN TO RUN」をバイブルに日々ランニングしている者のつぶやき。一応サブスリーランナー。

やっぱこんなシューズでは走れない?

本日、ターサーゲイル3ワイドが届きました〜。 やっぱ新品シューズって気持ちがいい。 ほんと、こんなソールだったんだって。 半年前に買った同じシューズと比べれば、 まさにスパイクか!?と言わんばかりの凹凸! ちなみに半年間、愛用して履いたシューズのソール。 滑り止め部分が削れているというよりも、 ミッドソール以下まで出てきてるような状態。 ん〜、ソールに関していえば、 こいつはガムテープがくっついたスリッパレベルかも・・・。 そういや、非常識マラソンメソッドの岩本さんは なんと600キロくらい走ってシューズを替えるそうな。 月200キロなら3か月。 しかも、ソールはほとんど減らないらしい。 ちなみに僕のこのシューズ、 700キロくらいしか走っていない。 まだまだイケそうな気がするけど、 こんなにソールが減ってしまっては・・・。 まあ、主に減っている部分は、 前足部外側なので、ちゃんとフォアフットで走ってる証拠なのだが、 それにしても減りすぎなような気もするなぁ。 特に、左足の前外側部分。 ソールに関しては、いったん減り始めると、 余計に滑るのでさらに削れる。 次にシューズはなんとか、減り始める前に、 なんとか走り方を改善したいと思っています。 おそらくだけど、着地の際の足の開き具合。 左足がちょっと内股気味になってるのかもしれないなぁ。