読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BORN TO RUNから学んだこと

「BORN TO RUN」をバイブルに日々ランニングしている者のつぶやき。一応サブスリーランナー。

足型とランニングシューズの選び方

そろそろシューズを買い換えたいと思ってみたり。 今のアシックスターサーゲイル3・ワイド、 かなり気に入ってるので、また同じやつにしょうかと。 2月の沖縄マラソンが終わってから、 本格的にトレーニング用として履きだした。 まあ、半年くらい。 レーシングモデルのわりには、 結構、がんばって使ったほうじゃないでしょうか。 買ったときはワイドをチョイスして、 あ〜失敗したって思ってみたこともあったけど、 結果として、自分の足に合うってのはやはりワイドなのかも。 シューレースの結び方や締め具合でも、 そのホールド感はかなり変わる。 緩めのシューズを買ってしっかり締めるか、 それともぴったりのシューズで普通にしめるか。 けど、ここで問題になってくるのは、足の左右差。 右足と、左足、そっくり同じって人はまずいない。 どちらかが標準的な足型に近く、 どちらかがちょっと規格外の場合は、 やはり規格外に合わせる必要があるだろう。 こと長距離を走るシューズに関しては、 大は小をかねるではないけど、 迷ったら、どちらの足もきつくない、当たらないもので、 緩いと感じるほうの足は、 靴紐をちょっとキツメにってことで対応するしかないのだ。 これがプロランナーで、スポンサーもついて、 足型に合わせて、左右のシューズを作ってくれるってのなら、 また話は別だったりもしますけどねぇ。 と、いう理由から、 次もまたアシックス、そしてワイドモデルになるんだろうなぁ。