読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BORN TO RUNから学んだこと

「BORN TO RUN」をバイブルに日々ランニングしている者のつぶやき。一応サブスリーランナー。

歩くことと走ることは別のスポーツだ。

よく初心者向けのランニング本など見ると、 まずは歩くことから始めましょうとか書いてある。 これって・・・。 ウォーキングとランニングは根本的に、 筋肉の使い方が全然違うと思う。 先日、かなりの距離を歩く機会がありまして・・・、 あ、といっても歩きたくて歩いたわけじゃなくって、 ちょっとほろ酔い〜で知らず知らずに長時間、歩いてたってわけ。 当然ながら翌日は脚がだるい。 なんか足だけプールの中に突っ込んでるように重いし、 脛の部分が妙に痛い。 ただ、前日、前々日も走ってないわけで、 さすがに3日も開けるのはなぁと思って夜ラン。 走り始めは、なんか疲労満載だけど、ちょっと走ると足が軽い。 調子に乗って、10キロ、48分くらい走りましたねぇ。 こう思うと、歩くと走るは まったく別物だと考えといたほうがいいかもね〜。 使ってる筋肉が全く違うと思います。 まずはウィーキングから・・・、これはちょっとねぇ。