読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BORN TO RUNから学んだこと

「BORN TO RUN」をバイブルに日々ランニングしている者のつぶやき。一応サブスリーランナー。

体は前、足は後ろ

ランニングフォーム
意味深なタイトルですが、 まさにフォアフットの基本はコレですな。 走っているとき、 体の腰のラインよりも足はあくまで後ろ。 特に着地の時点でも、しっかり体を前傾させて、 前に、前にって意識が大切だったり。 改めて、思うけど、これってとっても重要。 よく骨盤がどうのこうのってのも言われるけど、 あれこれ体の一部分にとらわれて考えるよりも、 シンプルに、 「体は前、足は後ろ」 って呪文のように唱えながら走ったほうがいいかもしんない。 あとはここからどうやってペースアップするか。 ピッチを上げるには、 とにかく足を地面からあまり上げないようにする。 そういやBornToRunの中にもあったけど、 地面スレスレを通って前に出す。 気持ちよくペースが上がってくると、 ついつい上に上に足が上がってしまう。 これだと、シューズの反発力をより利用して走れるので、 ストライドも広がり、なんとなく楽に速く走ってるような気になる。 が…、これでは着地の衝撃はかなりのものになってしまうので、 長距離向きの走り方ではなかったり。 まあ、プロランナーなら、 日頃の走り込みでフルマラソンを走り切れるかもしれないけど、 我々市民ランナーレベルでは、 最後のラストスパートで使うぐらいにとどめておいたほうがいいかも。 ん〜ピッチとストライド、 相反する走法だけど、どのバランスが大事なのかも。 理想は、両方鍛えて、速くなるのがいいんだけどなぁ。