読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BORN TO RUNから学んだこと

「BORN TO RUN」をバイブルに日々ランニングしている者のつぶやき。一応サブスリーランナー。

ターサーゲイル

シューズの選び方
そろそろ来月が沖縄マラソン。 とゆーことで、 今まで履いてたナイキスピードライト2に不安があり、 思い切ってニューシューズを買っちゃいました。 なんだかんだとNike+を愛用しているので、 「Nike+対応のシューズであること」 が大前提だったのですが、 今回はその制約をはずして、思い切ってアシックス。 アシックスはかねてから履いてみたいと思っていたシューズ。 買うなら、ターサーだって決めてはいたんだけど、 11月にニューモデル、ターサーゲイルが発売。 これしかない!とは思ってたんですが・・・。 実際に履いて走ってみると、 やはりナイキさんのシューズとは根本的に何かが違う。 ナイキさんは常に新しい革新的な何かを目指しているのに対して、 アシックスさんは今までの蓄積を大切に、地道に進化してるって感じ。 特筆すべきはやはりそのクッション性。 スピーバとかいう素材を使っているらしいけど、 固すぎず、柔らかすぎず、ほんとちょうどいいのだ。 BornToRunにもあるように、 クッションが柔らかすぎるシューズってのは大いに問題がある。 かといって、固すぎるというのも、 アスファルトを走ることを考えると足へのダメージが大きい。 着地の際に柔らかすぎると沈み込みが大きすぎて、 次の一歩が遅れてしまう。 ナイキさんはこの傾向がやはり強いかも。 ただ、アシックスさんはとにかくレスポンスが速い。 普通に走っても、思わずハイピッチになってしまうくらい。 こいつで来月はサブスリーで走れるのか。 ほんの少しだけ自身がついたかかもしれない。