読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BORN TO RUNから学んだこと

「BORN TO RUN」をバイブルに日々ランニングしている者のつぶやき。一応サブスリーランナー。

緊張感を無くして走ること

ランニングフォーム
ランニングしているとき、 どこかに力を入れて走ってませんか? よくランニングの本などでは、 上半身はリラックスして走れって書いてあると思います。 ただ、下半身についてはあまり触れられていない。 強いて言えば、着地がしっかりできるように、 足首は固定するようにってイメージがあるかも。 ただ、これが大きな間違いだったりする。 BornToRunの中では体をリラックスしてって表現がよく出てくる。 僕も以前はこのリラックスって意味を 上半身のみにしかあてはめていなかった。 ただ、実は下半身、地面に最も近い足首の間接を 緩ませるってことが大事だったりもする。 こんなんで足を怪我しないのかって思うが、 これが普段固定して走るよりも驚くほど楽だったりする。 そう、足首を緩めることは、足首に衝撃が集中することなく、 体全体がクッション材の役割を果たしてくれることになる。 実は故障を防ぐには足先から頭の先までリラックスさせること、 緩ませるってことが大事なのだ。 ただ、緩みっぱなしなだけでは速く走れない。 体はグニャグニャに緩むんだけど、 それではフラフラしてまっすぐ走れない状態になる。 そこでポイントとなるのがバランス。 左右のバランス、前後のバランス、 まさにバンスボールにのっかってるのような状態で、 絶えず揺れ動く体に一本の軸を作る。 何かがわかりかけてきたような気がする。