読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BORN TO RUNから学んだこと

「BORN TO RUN」をバイブルに日々ランニングしている者のつぶやき。一応サブスリーランナー。

30キロ走を走ってみて

先日、気合いを入れて30キロ走にチャレンジ。 2時間30分、走り切ることができましたよ〜。 やればできるって・・・。 で、その翌日も意外と平気。 また走りたくてちょっとウズウズしてくるくらい。 やはりBornToRunにもあるように、 人間は元来走るようにDNAの中に組み込まれているのだろう。 長い距離を走れば走るほど、 その原点に還れるのかもしれないってね。 ただ、長距離を自分ひとりで走るってのは、 かなりの精神力が必要だ。 マラソン大会や、走行会であれば、 他にも走っている人がいるので励みになる。 けど、一人で走るときは、まさに自分との闘いだ。  体がだるくなってくる。 信号待ちなど何かと理由を付けて立ち止まりたくなる。 近道できるならショートカットもしたくなる。 様々な誘惑にかられるのだ。 そんな誘惑を振り切って走り切るということは、 自分にとって大きな自信になることは間違いない。 そして、一歩、自分の中の「走るDNA」に踏み込めるのかもしれない。