読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BORN TO RUNから学んだこと

「BORN TO RUN」をバイブルに日々ランニングしている者のつぶやき。一応サブスリーランナー。

レース前にBornToRunを読んでみる

精神論
いよいよナハマラソンまであと5日というところ。 なんかドキドキしますな〜。 そしてここまでくれば、 もう練習というよりも、どちらかというと調整に・・・。 イマサラながらロング走とか走っても、 疲労が残るだけでまったく意味は無い。 それよりも、体の中にしっかりグリコーゲンを蓄えること。 これに尽きるってね。 といってもやはり何かしてないと落ち着かない。 ちょっと精神的にも気持ちが高ぶってるようだ。 そんなときに、この「BornToRun」を再読するのはいいかも。 100キロ、100マイルを走ってるランナーの話を読んでると、 42.195キロのフルマラソンぐらいの距離なんて、 どうということが無いように思われてくる。 それと、極限状態のレベルが精神的に鍛えられるような気がする。 たとえ30キロ過ぎでヘバッてきても、 まだまだそんなものは子供だましのように思えてくる。 職業的に走っているわけではないので、 やはり朝ジョグレベルだと距離に対する不安感は大きい。 この不安感を多少なりとも和らげてくれる効果はあるかもね〜。