読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BORN TO RUNから学んだこと

「BORN TO RUN」をバイブルに日々ランニングしている者のつぶやき。一応サブスリーランナー。

タン、タタタタ、タン、リズムよく走ること

今日走っててふと思ったこと。 それは走るときのリズム。 タンタンタンタンと単調に走っている人が多いのでは。 そうでなくって、 めりはりをつけて走る。 ちょうど三段跳びの選手のように、 「ホップ!ステップ!ジャンプ!」 って感じにリズムを変える。 意外とこれがペースアップにつながったりする。 僕のイメージでは、まさにタイトルのように、 「タン、タタタタ、タン!」 って感じ。 タタタタはひたすら足を速く動かす。 これを右足、左足というように交互に。 足が痛くなってきたら、タンって足を入れ替えれば済む。 走るということは、 加速→スピードに乗る→また加速というプロセス。 スピードに乗る間というのは出来るだけロスを少なくする。 そう、これがいわゆるフォアフットの走り方。 ただ、加速をしっかりかけないと、 いかにロスの少ない走りでもペースは上がらない。 そして、ペースを上げるということは、 スピードに乗ってる間のロスも大きくなる。 なので、速いペースを維持するには、 出来るだけ、このタン!を力強くする必要がある。 なんとなーく、キロ3分台で走れるような可能性が見えてきた。