読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BORN TO RUNから学んだこと

「BORN TO RUN」をバイブルに日々ランニングしている者のつぶやき。一応サブスリーランナー。

走れるときには走るという精神

昨日ですが、朝早起きしての朝ラン、 そして夜からは小雨の合間をぬっての夜ラン。 1日2回ラン。 ここ最近、封印していた朝夜の2回ラン。 実は以前、このペースで走りまくっていたんですが、 やはり故障。 特に足底筋膜炎になってしまって、 朝起きてちょっと歩くと激痛が・・・。 それ以来、この朝夜の2回ランを封印していたんですが、 ここへ来て復活。 って、実は沖縄へ台風接近中でして、 ほんとに走れなくなる前に走っとこうかってこと。 こんなとき、走れるチャンスがあったら、 少しの距離でも体を動かしてくるって大事なのかもしれない。 やれ20分以上走らないと脂肪は燃焼しないだとか、 15キロ以上走らないと持久力は上がらないとか、 いろいろあるとは思うけど、 そんなことよりも、一歩を踏み出すことの大切さにくらべれば、 ほんとどうでもいいのことなのかもしれない。 忙しい、忙しいといって走れない人。 それは走れないのではなく、走りたくないからではないですか? 走ろうと思えば、いつでも走れるのに。 なーんて、ちょっと思ってしまった一日でした。