読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BORN TO RUNから学んだこと

「BORN TO RUN」をバイブルに日々ランニングしている者のつぶやき。一応サブスリーランナー。

長い距離を苦なく走るには

昨日はロング走。 ハーフマラソンの距離を90分ぐらいで走ってきました。 練習でもロング走を取りいれたほうがいいのは言うまでもないこと。 けど、わかってはいるんだけど、 なかなか重い腰が上がらないランナーが多いのでは。 1時間以上も走り続けるとなると、 かなり精神的に強い決意が無いとなかなかできない。 僕だって、ロング走を走る前はかなり憂鬱に・・・。 だったら走んなよってことになるんだけど、 それでも気合いを入れて走るのがサブスリーランナー! ただ、走り終えたときの爽快感はなんともいえない。 このために走ってきたんだーって思えます。 で、長い距離を苦なく走る方法ですが、 コースをきっちり設定することがキモなのでは。 ぐるっと一周するコースを設定することで、 走り切らなければ戻ってこれないという思いで自分を追い込みます。 だって行き当たりばったりに走ってたら、 ついついもういいやーって気持ちで帰っちゃいますからね。 同じ理由で行って、帰ってこいの往復コースも同じ。 往復の場合はさらに、行きと帰りの道が同じなので、 走っていて面白くない。 あとは信号が少なく、歩道が広いところ。 できれば水飲み場とかあると余計にgood。 景色のいいところとかある、もう完璧ですが。 それと、意外と忘れがちですが、 一度走ったコースというのは短く感じます。 なので、自分が思うコースを一度ゆっくりでもいいから走ってみてください。 何度も走れば、それほど距離も気にならなくなりますよ。