読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BORN TO RUNから学んだこと

「BORN TO RUN」をバイブルに日々ランニングしている者のつぶやき。一応サブスリーランナー。

クッション性の高いシューズは故障する?

今日から4月。 新年度、心を入れ替えて、 ジョギングを始める人も多いのでは? そんなときにまず悩むのがランニングシューズ。 スポーツ店に行けば、 目標タイム毎に商品が並んでたりします。 しかーし、フルマラソンのタイムが5時間台のコーナーを見ると、 ものすごい厚底・・・。 いくらクッション性を重視するといっても、 これではカポカポして走りにくいだろうに。 しかも重量もかなり重い。 まるでバスケットシューズのような形だ。 BornToRunの中ではこのシューズについてかなり記述がある。 現在の故障しがちなランナーを作り出したのは、 まさにイマドキのクッション性重視のランニングシューズだと。 では理想のシューズとは・・・。 まず第一になぜジョギングするのかという理由を考えてほしい。 勿論、足を鍛えるためだという答えがかえってくるだろう。 じゃあ、なんでクッションで足を保護するのか・・・。 故障しないため??? そう、実は足を鍛えるのであれば、 クッションの少ないシューズのほうがよっぽど鍛えられる。 それどころかクッション性の高いシューズは、 足に無理な力が加わるような走り方でも走れてしまうので、 余計に深刻な故障を誘発する可能性が高いと思われる。 ただ、いきなりフルマラソン3時間以内というシューズを買うのは、 耐久性の面、あとは足型の問題があるので、 遅くとも4時間以内ぐらいのシューズを選ぶのが妥当だといえる。 勿論、かかと部のクッションが過度に多くないもの。 そして、とにかく軽いことがポイント。 初心者の方でもこの2点に絞って選んだほうがよさそうです。 あとは、走るのはあくまで自分であって、 シューズの力に頼って走るのではないということを覚えておいてほしい。