読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BORN TO RUNから学んだこと

「BORN TO RUN」をバイブルに日々ランニングしている者のつぶやき。一応サブスリーランナー。

地とともに走るということ

BORN TO RUNの中にこんなタラウマラ族の一節が。 「地とともに走り・・・」 走ってると確かにその思い。 特にフルマラソンという距離を走っているときは思う。 足を地面にたたきつけるような走りではなく、 地面をそっとおしてやるようなイメージ。 上手く走れているときは、 まさに地面とともに自分が動いているような錯覚に。 この感覚がとても大切なのかもしれない。 人間が走るということは、 自分と地面を反発させて動いている。 自分ばかりが頑張っても、 その力を受け止めてくれる大地を しっかり感じ取らなければ、押し返してくれることもない。 ヘタレそうになったとき、 足が痛くなってきて立ち止まろうかと弱気になったときに、 この一節を頭の中で復唱する。 すると不思議に大地から力をもらえるような気がする。 そういえば、本の中でも、 よいランナーは精神も超越していると思う。 肉体を鍛えることも大切だけど、 精神を鍛えることもまた大切なのだと思う。 じゃ、猫ひろしは・・・。 彼もフルマラソンに挑んでいるときは、 きっと出家したお坊さんのように穏やかな心を持っているのかも!?